日本共産党東播地区委員会の公式ホームページです。衆議院選挙バージョンでお届けしています。



金田峰生さんをおしあげよう

2021年6月11日(金)兵庫 加古川

加古川・加古民主商工会3階で、憲法が輝く県政をめざす加印の会が幹事会。

みんなで6・11ライブ決起集会を見ました。

宮先一勝美濃部研究会会長に学ぶ

2021年1月28日(木)兵庫 加古川
加印革新懇が美濃部研究会会長の宮先一勝さんをお招きして学習会。天皇機関説はドイツのオットー・マイヤーから学んだ国家法人説の日本版。昨年10月に発見された曽我鍛さんに宛てた手紙のコピーなど見せていただき、「権力や暴力のために迫害を受けるは如何にも心外」と気骨のある学者であったこと。穂積八束をバックにした上杉慎吉との論争。美濃部達吉親子の人脈。1912年から1941年までの世相を年表にそってわかりやすく約1時間お話を聞き大変勉強になりました。

こむら潤 加古川 ヤマトヤシキ前で街頭宣伝

2021年1月25日(日)兵庫 加古川
近畿比例候補 こむら潤 加古川市 ヤマトヤシキ前で街頭宣伝。新自由主義からの転換、立憲主義、気候変動対策、平和外交、ジェンダー平等について熱くわかりやすく紹介し、来る総選挙で政権交代に挑戦していることを訴えました。岸本たてき・立花しゅんじ両加古川市議も一緒です。

歓迎 核兵器禁止条約発効

2021年1月22日(金)兵庫 加古川
祝 核兵器禁止条約発効 加古川ミッション in JR加古川駅前広場。加印原水協が呼び掛けて、年金者組合、東播労協、共同センター、戦争させない9条壊すな二市二町総がかり行動、戦争させない加古川1000人委員会、東播センター合唱団、新日本婦人の会、加印革新懇、日本共産党各支部など約40名が参加して、条約の発効を喜び、政府に署名と批准を迫る意思統一、そして、JR加古川駅ご利用の皆さんや周辺商店街の皆さんにリレートークとビラ配布、シール投票でアピールしました。日本共産党からは岸本たてき加古川市議団長が連帯のリレートークを行いました。最後に東播センター合唱団の西本団長の音頭で「青い空は、青いままで・・・」を合唱しました。

日本共産党東播地区演説会 in 魚住市民センター

2020年12月6日(日)清水ただし衆議院議員を招いて演説会を開催しました。こむた潤近畿比例予定候補者、福原ゆかり兵庫9区衆議院予定候補が決意表明。撮影は湯原季一郎氏。

さあ 政権交代だ 街頭宣伝に打って出る

大阪都構想否決

2020年11月1日午後10時43分、各局とも発表には慎重でしたが、NHKが大阪市廃止反対が多数と報道。大阪市民の税金を府に吸い上げてばくちや関西財界のために使おうとした大阪都構想は再び否決。

政権交代2

2017年10月実施の衆議院選挙結果から政権交代のエビデンスについてNHKデータの289小選挙区で当選した自民党議員のシェアー%を一覧表にしてみると50%以下で当選している人が91人いらっしゃいます。これは市民と野党の共闘が実現すると落選する可能性があると思われます。この世論が広がると19人いる51%以下で当選した人をも乗り越える可能性が発生します。政権交代ができるぞと思った有権者が無党派層に波及を及ぼすと100人の公明推薦で自民党で当選した人を落選させる可能性は実際にあるのではないでしょうか。

2020年10月11日(日)反原発集会 IN 加古川

加古川駅前広場で10月度の11日行動、反原発集会が開催されました。日本共産党からは岸本たてき加古川市議団長が連帯挨拶。立憲民主党からおき圭子さんが連帯挨拶。95名が参加してデモ行進を行いました。

政権交代

国会議員数は 2019年現在、公職選挙法4条により、衆議院は465人(小選挙区289人・比例代表176人)、参議院は248人(大選挙区148人・比例代表100人)と規定されています。
日本共産党が22年ぶりに首班指名選挙で最初から他党の枝野幸男氏に投票して野党共闘で134票になりました。競り合っているところが100選挙区あり、野党共闘が勝利すれが首班指名で233を超えることが出来政権交代できると強調されています。

このエビデンスについて、朝日新聞の2017年総選挙報道が良くわかります。「野党分裂型」の226選挙区は全289選挙区の78%を占める。結果は与党183勝、野党43勝と与党側の大勝だった。これに対し、「与野党一騎打ち型」の57選挙区では、与党39勝、野党18勝。分裂型に比べて野党側が善戦した。 野党が分散した最大の原因は、民進党の分裂だ。民進の前原誠司代表が衆院選前に小池百合子・東京都知事率いる希望の党への合流を表明。民進で立候補を予定していた人は希望、立憲民主党、無所属に3分裂した。ただ、民進は前原執行部の発足以前、共産党や社民党などとの野党共闘を進めていた。昨年7月の参院選では、32の1人区で野党統一候補を擁立し、11勝という成果を上げていた。 そこで、「立憲、希望、共産、社民、野党系無所属による野党共闘」が成功していればという仮定のもと、朝日新聞は独自に、各選挙区でのこれらの候補の得票を単純に合算する試算を行った。その結果、「野党分裂型」226選挙区のうち、63選挙区で勝敗が入れ替わり、与党120勝、野党106勝となった。と報じています。この外にも接戦の選挙区があり、100議席をひっくり返す可能性があります。



{ background-image: url(「URL」); background-repeat: repeat-y; background-size: contain; body { background-color: #000000 !important; color: #ffffff !important; }
日本共産党 東播地区委員会
Copyright © 2007 shunji_tachibana All Rights Reserved.







}