日本共産党東播地区委員会の公式ホームページです。一斉統一地方選挙と2019参議院選挙バージョンでお届けしています。

国民救援会

国民救援会とは

 

日本国民救援会は、1928年4月7日に結成された人権団体です。戦前は、治安維持法の弾圧犠牲者の救援活動を行い、戦後は、日本国憲法と世界人権宣言を羅針盤として、弾圧事件・冤罪事件・国や企業の不正に立ち向かう人々を支え、全国で100件を超える事件を支援しています。

国民救援会中央本部

各都道府県の国民救援会

 

東北・北海道    

 北海道 011-747-7907
 青森県 017-777-3187
 岩手県 0196-52-3591 http://homepage3.nifty.com/kokuminkyuenkai-iwat/
 秋田県 018-832-9766
 山形県 0234-33-1206
 宮城県 022-222-6458 http://www17.ocn.ne.jp/~kyuuenka/
 福島県 024-522-7368
関東・甲信越    

 茨城県 0292-53-1214
 群馬県 027-233-5886
 栃木県 090-1849-1054
 埼玉県 048-833-9991
 千葉県 043-251-7351
 東京都 03-5842-6464
 神奈川県 050-3310-1368 http://kyuenkanagawa.jimdo.com/
 山梨県 0552-51-4196
 長野県 026-243-5304
 新潟県 0250-25-3181
北陸・東海    

 福井県 0776-43-0854
 石川県 076-262-3447
 富山県 076-423-2466
 静岡県 054-255-0134
 愛知県 052-251-2625 http://aichi-kyuuenkai.com/
 岐阜県 058-215-7515
 三重県 090-9922-1596
関西    

 滋賀県 077-521-2129
 京都府 075-801-3915
 奈良県 0742-26-5338
 大阪府 06-6354-7215
 和歌山県 0734-25-9411
 兵庫県 078-351-0677 http://www.eonet.ne.jp/~qenkai-hyogo/start.htm
中国・四国    

 鳥取県 0857-26-4176
 島根県 0853-23-0188
 岡山県 086-254-2799 http://blog.goo.ne.jp/kiuenkaiokayama_2009
 広島県 082-261-9959
 山口県 0839-32-6319
 香川県 0878-61-8606
 徳島県 0886-26-2500
 高知県 088-872-7799
 愛媛県 089-984-5543 http://kyuuenkai-ehime.org/
九州・沖縄    

 福岡県 092-713-0144
 佐賀県 0952-31-3096
 長崎県 095-826-6575
 大分県 097-569-8076
 熊本県 096-382-1190
 宮崎県 0985-32-5768
 鹿児島県 099-298-5161
 沖縄県 098-934-3298

名張毒ぶどう酒事件

事件の概要

1961年(昭和36年)3月28日の夜、

三重県名張市の実質飛地と奈良県山辺郡山添村に跨がる葛尾(くずお)地区の公民館で、酒席で振る舞われたぶどう酒(ワイン)に、毒物(農薬・ニッカリンT)が混入され、そのぶどう酒を飲んだ女性17人が中毒し、5人が死亡。妻も浮気相手の女性も死亡。

1964年12月23日、第一審・津地方裁判所(小川潤裁判長)は、検察側の死刑求刑を退け、奥西に無罪判決を言い渡した。

1969年9月10日、控訴審・名古屋高裁(上田孝造裁判長)は、第一審の無罪判決を破棄し、奥西に逆転死刑判決。

奥西は判決を不服として最高裁判所に上告したが、1972年6月15日、最高裁判所(岩田誠裁判長)は上告を棄却した。これにより、奥西の死刑判決が確定した。

2005年4月5日、名古屋高裁(第1刑事部・小出錞一裁判長)は再審開始を決定した。
小出錞一は2006年2月に依願退官した。

奥西氏は2015年10月4日午後0時19分、かねて患っていた肺炎のため、八王子医療刑務所で死亡。89才

1 王冠の歯形が奥西氏のものと一致せず。
2 科学的検証で奥西氏が持っていたニッカリンとは違う農薬
 だった。ニッカリンが混入されたぶどう酒が白ぶどう酒であ
 ったこと、ニッカリンが赤色の農薬であったことから、混ぜ
 れば少なくとも赤くなる。
3 封かん紙の糊が製造時のものと違っていた。
4 事件からたった2時間で村人の供述が変わった3月28日、石
 原氏は14:05酒屋で葡萄酒を買う→14:15会長宅に届ける。
 17:00奥西氏が公民館に運ぶ。→17:00に酒屋から
 葡萄酒を買うに石原氏はじめ村人の供述証言が一斉に変わっ
 ている。
5 自供だけで物的証拠なし。

 検察・裁判所・警察の三位一体による冤罪事件に間違いないと思った。
当時13歳の息子と6歳の娘がいた。息子は62才で死亡。
現在妹の岡美代子さんが第10次再審を闘ったが不当判決。

奥西勝 石切り場友達 妻の奥西千恵子と愛人の北浦ヤス子

奥西勝氏